ゆきこのニュースレター

ベルリンを100倍楽しむために、ご出発前に是非お読み下さい。

穴場スポット

ベルリンフィル◆国立歌劇場◆ドイツ国会議事堂◆ドレスデンゼンパオペラ等入場券◆ベルリンレストランの情報。ご出発前のチェックは外せません!

お問い合わせはこちら

弊社の電話番号(日本から又はドイツ以外からおかけになる場合)

0049-30-83221809

弊社の携帯番号(日本から又はドイツ以外からおかけになる場合)

0049-152-01089024

代表者ご挨拶

image

はじめまして!後藤ヒンツェ裕起子と申します。弊社のサイトにお立ち寄り頂きまして、ありがとうございます。

とにかく 今、世界で一番エキサイティングな町、それがベルリンです!!

2001年にドイツ人の主人と(「ご挨拶」の下のベンチに座っているのが主人のペーターです。)共に小さな会社を立ち上げ、ベルリンを中心に、マイセンドレスデン、ハンブルグ、ロマンチック街道、時に隣国スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、イタリア、北はスカンジナビアに至るまで、珠玉のごとく光り輝くヨーロッパの文化や風習の数々を、お客様に惜しみなく御案内させて頂いて参りました。

隣国どうし切れそうで切れないのがヨーロッパの歴史?!まずは現代史をここベルリンから辿って行ってみませんか?!

おばあちゃまのお手を引かせて頂きながら、またギャングエイジのお子様、子育ての終ったご婦人方のグループ、学生さん、アツアツのカップルさんの新婚旅行、会社の研修旅行も含めお客様のご希望に応じた、個人旅行は弊社にどうかお任せ下さい。ええ〜っ、日本とドイツこんなに違っていいの??...。皆様の世界観が変わる!!!そんな 「ベルリン」とのドラマティックな出会いを必ずお約束させていただきますので、先ずは何でもご相談頂ければ幸いです。メールでも、お電話でもお気軽にどうぞ。心よりお待ち申し上げておりま〜す。

image

facebook

ベルリンお役立ち情報!

  • ベルリンののりもの
  • 無料で見れるベルリンの壁
  • 博物館ハイライト

    170 以上もある博物館から、見逃せない情報をゲット!

    圧巻 ユネスコ世界文化遺産 博物館の島 6千年にわたる人類の大交流!!
    新しいプロジェクトにより、すでに100年以上の歴史を持つこの島を、2025年を目指し近代化を進めています。

    サイトを訪問するとDVD で、新しいプロジェクトを垣間見ることができます。

  • 博物館の島はここをクリック.
  • image

    絶対にまた博物館の島を訪れたくなる!そのわけ. . .6千年の人類の大交流の足跡が!!

    ★ペルガモン博物館 年間約140万人の訪問者を抱えているその4つの秘密。
    image

    -ペルガモン(現在は、トルコのベルガマのゼウスの大祭壇を見ることができる。

    -バビロンニア王国の首都バビロンの陶器で埋め尽くされたイシュタール門と行進をした道路の壁面を見ることができる。

    -奈良時代に作られたマッシャッタ(現在ヨルダンの荒涼地)の城壁をみることができる。

    -ここペルガモン博物館で、アレッポに17世紀に作られた商家の居間が再現されていて、イスラム文化の焼き物と絨毯をみることができる。

    ★旧博物館 世界のあこがれの的、エジプト新王国時代の第18代ファラオの美王妃 絶世の美女ネフェルティティの胸像(制作は今から3400年前)が。。。この胸像のどこに魅力が?
    image

    (写真は、旧博物館前で、花金の夕方、芝生の上でにわか仕立てのアンサンブルを聴き、くつろぐ人達)

    -古代エジプトの文物の中で最高に賞賛されて来た。

    -世界的な美の象徴。長い首、優美な弓なりの眉、高い頬骨、細い鼻梁、そして謎めいた微笑を浮かべる赤い唇。この胸像はネフェルティティが古代でもっとも美しい女性の一人であるという名声をもたらした。

    (最寄りの駅 地下鉄 U-Friedlichstrasse 又は 地上電車 S-Hackeschermarkt から徒歩5分 SーFriedlichstrasse とHackeschermarktの両駅間を電車で走ると、電車の中から2つの建造物を見ることができます。)

    必須 絵画のお好きな方へ

    ★ ゲメルデギャラリー ベルリン絵画館

    ★デュラー クラナッハ レンブラント レーベンス フェルメール カラバッジョ ペッソ ブリューゲル 等

    13C 〜18Cまでの3000点の欧州絵画 

    (最寄りの駅は、地下鉄uバーンならびに、快速電車 Sバーン「Am Potsdamer Platz」バス200幡で「Berliner Philharmoniker」で降りて下さい。)
    image

    ベルリンの壁にまつわる資料、ドキュメントがいっぱい!!

    ★壁の博物館 チェックポイントチャーリー

    ー第2時世界大戦が終わり、アメリカ、英国、仏国、ソ連の連合国に支配されるようになった時から、壁の崩壊があった1990年までの間の歴史

    ーベルリンの壁ができるまでの経緯

    ーベルリンの壁ができた時の市民のとまどい

    ードイツ東西の国境を越えようとした時の試み、逃亡した時に使った車、気球で脱出した家族の乗った気球塔のナマのドキュメントが!

    ー東西の冷戦状況の中、徐々に自由化が進んで行った、東欧諸国の様子

    ー戦後の世界の自由化への動き

    image

    世界中今人気の建築家、ダニエル リーベスキント建築、ユダヤ人ドイツ移民1200年の歴史

    ★ベルリンユダヤ博物館

    ーまず、建築家はニューヨークの新ワールドセンターを建築したリーベスキントで、ユダヤ人の歴史をそのまま建物の形に表現している、世界でたった1つの建物

    ー中の展示は小さな子供から大人まで十分満足できるように、工夫してあり、他言語の対応がある。

    ホロコーストに関しての資料もあるが、被害者としての展示をしているというよりは、せ世界が平和へ手を取り合って行かなければならないという異h市を感じさせる主張が伺える。
    image

    今世界で一番エキサイティングなブームタウン、ベルリン!!

    壁の構築から崩壊に至り、さらにヨーロッパと一体化して行くドイツの新首都として、魅力の尽きないベルリンを、ベテランガイドがかゆい所に手の届くサービスで、皆様に忘れがたい出会いをお約束致します。

    image

    右の写真は、西ベルリンの目抜き通りのクーダムにある、創業100年の老舗 "アルト ビアーサロン" にて。写真の背景は、1920年代「ベルリンの黄金時代」と呼ばれた時に流行した装飾。

    先ずは、美味しいドイツビールで、ツン ヴォール !(乾杯)

    ようこそ、ベルリンへ!!