ゆきこのニュースレター

ベルリンを100倍楽しむために、ご出発前に是非お読み下さい。

ご確認はもうお済みですか?

ベルリンフィル◆国立歌劇場◆ドイツ国会議事堂◆ドレスデンゼンパオペラ等入場券◆ベルリンレストランの情報。御出発前のチェックは外せません!

お問い合わせはこちら

お電話でお受けします(日本から又はドイツ以外からおかけになる場合)

0049-30-83221809

携帯でお受けします(日本から又はドイツ以外からおかけになる場合)

0049-176-84338348

代表者ご挨拶

image

はじめまして!後藤ヒンツェ裕起子と申します。弊社のサイトにお立ち寄り頂きまして、ありがとうございます。

とにかく 今、世界で一番エキサイティングな町、それがベルリンです!!

2001年にドイツ人の主人と共に小さな会社を立ち上げ、ベルリンを中心に、マイセンドレスデン、ハンブルグ、ロマンチック街道、時に隣国スイス、オーストリア、チェコ、オランダ、イタリア、北はスカンジナビアに至るまで、珠玉のごとく光り輝くヨーロッパの文化や風習の数々を、お客様に惜しみなく御案内させて頂いて参りました。

隣国どうし切れそうで切れないのがヨーロッパの歴史?!まずは現代史をここベルリンから辿って行ってみませんか?!

おばあちゃまのお手を引かせて頂きながら、またギャングエイジのお子様、子育ての終ったご婦人方のグループ、学生さん、アツアツのカップルさんの新婚旅行、会社の研修旅行も含めお客様のご希望に応じた、個人旅行は弊社にどうかお任せ下さい。ええ〜っ、日本とドイツこんなに違っていいの??...。皆様の世界観が変わる!!!そんな 「ベルリン」とのドラマティックな出会いを必ずお約束させていただきますので、先ずは何でもご相談頂ければ幸いです。メールでも、お電話でもお気軽にどうぞ。心よりお待ち申し上げておりま〜す。

image

ツアーご参加までの流れ

ツアー催行確定までの手順

★1.(無料相談) 無料相談を通して、メール又はお電話にてお気軽にご質問下さい。

★2.(プランとお見積もり) ツアーの概要が決まりましたら、プランの概要とお見積もりをお出し致します。

★3.(ご送金)お見積もりにご同意して頂けましたら、弊社の取引銀行にご入金頂くか、プリペイにてお支払頂きます。

★4.(ツアー確定)弊社の方で入金を確認させて頂いた時点で、ツアーのお申し込み確定が成立致します。確認した時点で即、弊社の方からメールにてご連絡申し上げます。

★5. ようこそ、ベルリンへ!!
image(写真はマイセン工房)

★おねがい!ツアーは先着順で決定させて頂きます。

お客様の込み合います、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始等、なるべくお早めのツアーのご決定を お勧めいたします。

またツアーで出張しております時、何日か固定電話で通話ができないこともございます。携帯は常に持参しておりますが、ガイディングの時にスイッチを切っていることもございますのであしからずご了承下さいませ。メールで即答できない場合も、とっても急いで必ず折り返しご返事させて頂きますので、その際はしばらくご辛抱の程、お願いさせて下さい。

ツアーについて.

image(写真はベルリン市内の湖 詳細はゆきこのニュースレターをどうぞ)

★1.(時間)ツアーの始まる時間は、お客様との合意で決めさせて頂きます。4時間のツアーの場合、また8時間のツアーの場合も午前から始めることも、午後から始めることも可能です。

★2.(場所)ツアーは、通常お客様のホテルからはじまり、宿泊なさるホテルまでお送りして終了させて頂いておりますが、お客様のご意志によって送迎の場所を変更させて頂くことは可能です。その際は、お申し付け下さい。

★3.(プラン催行の可否)ストライキ等の不可抗力で訪問予定のプランが催行できない場合、早急に催行可能な代行プランをご提案させて頂きます。その際のガイド料金の払い戻しはできかねますので、ご理解の程お願い申し上げます。

★4.(不慮の事故)弊社のツアー催行中に起きたお客様のご病気、事故、盗難、携帯品の破損損傷等、一切弊社の方で責任は負いかねますので、ご了承の程宜しくお願い申し上げます。

★5.(キャンセル)弊社のツアーは、大型バスのご旅行とは違い、お客様だけのご来独を万全を期してご用意させて頂いております。お客様に特別のプランをお作りさせて頂いております関係上、また場合によりましては、ホテル等の複雑なキャンセル料金が関わってきたりすることがございますので、キャンセルにつきましては、以下の規定にてご理解頂くようお願い申し上げます。
ツアー催行の1ヶ月前までがお支払頂いた旅行金額の50%
2週間前まで70%
2週間前から前日まで100%

今世界で一番エキサイティングなブームタウン、ベルリン!!

壁の構築から崩壊に至り、さらにヨーロッパと一体化して行くドイツの新首都として、魅力の尽きないベルリンを、ベテランガイドがかゆい所に手の届くサービスで、皆様に忘れがたい出会いをお約束致します。

image

右の写真は、西ベルリンの目抜き通りのクーダムにある、創業100年の老舗 "アルテ ビアーサロン" にて。写真の背景は、1920年代「ベルリンの黄金時代」と呼ばれた時に流行した装飾がみられます。

先ずは、美味しいドイツビールで、ツン ヴォール !(乾杯)

ようこそ、ベルリンへ!!

お客様の喜びの声
image

☆なが〜いベルリン生活を終えて日本へ帰国し、ベルリンに遊びにいらっしゃった大学講師の Y.A 様


旅は日常を離れて、人生観を変えてくれるような出会いがあるものです。私は行き当たりばったりの偶然性を楽しんでいました。ところが、知人たちが、後藤さんのガイドぶりを賞賛するので、ガイドをお願いしました。そこで、自分がいかに「食わず嫌い」であったかを思い知ったのです。何度も行き来していた往来に、実は素晴らしい歴史的出来事が隠れていることを教えてもらったり、住んでいる人にしか分からない穴場に連れて行ってもらったり、パンフレットやガイドブックにはない秘話が次々と後藤さんの口から出てくるのです。同じ街が全く違うものに変容して見えてきました。
その人が最も楽しめる旅のスタイルを読み取り、楽しんでもらえる最高の時間を作り出す達人が後藤さんです。皆さんにも堪能してもらいたくペンを執りました。

image

☆神戸市から 平和について研究し、平和のメッセンジャーとしてご活躍の 藤本進太郎様 & お友達のシバッチ様


大学の中西一彦先生にドイツで日本人ガイドとしてご活躍されている後藤裕起子さんをご紹介していただきました。後藤さんには旅の前から本当にお世話になりました。とても明るい方でたくさんの知識をお持ちで私のマニアックな質問にも答えて頂きました。
今回の旅で一番私が得たものは後藤さんや現地の方とのつながりでした。後藤さんとのつながりがまた海外の多くの方々とのつながれることを期待しております。

image

☆関東から憬れのベルリンへ!

マイセン、ドレスデン観光も合わせてゲットされた 梅田祐枝様 & 花見育子様


歴史の教科書や旅行ガイド本の写真を見て、長い間憧れていたブランデンブルグ門。
実際に門の前に立った時の感激感動は今もよみがえります。ベルリンの壁に触って歴史の重さと平和への追求を痛感しました。行動力あるドイツを愛する後藤女史の解りやすいガイドに歴史的なドイツや今のドイツも体感出来ました。石畳の歩道をあるきながら暫しの間、旅行ではなく住んでいる感じを得られました。 またブランデンブルグ門の前に行きたいと思っています。

image

☆同郷の方との偶然の嬉しい出会い!同窓会も地球規模で? 島根県雲南市有限会社山根建設社長, 山根英利様


ベルリンでは大変にお世話になり、ドイツ旅行を満喫できて嬉しかったです。本当にありがとうございました。南ドイツは中世ロマンが漂う魅力あふれる自然と調和した見事な風景であり、フランクフルト・ミュンヘンにおいては、古い建物も残っており、緑あふれるすてきな街並みに、ただただ圧倒されました。日本と同じように戦後復旧に着手し、日本と異なり、膨大な戦後賠償負担を背負いながら、かくも立派に立て直された、その国民の努力と気構えに頭が下がります。再度・再再度訪れてもっと深くドイツという国にかかわって見たいと思いました。その際には是非、後藤さんにまたガイドをお願い致します。

image

ゆきこのおすすめ!

ベルリン、クリスマス市と夜空に輝くイルミネーション。

ドイツのクリスマス市は、ヨーロッパ中で一番見応えがあり、その中でもベルリンの美しさは類を見ない程です。クリスマス市は、町の中に数カ所設定され、それぞれの市に特徴があります。冬の冴えた星空の下、グリューワインという甘酒をすすりながら、アーモンドの煎った香りや焼きリンゴの独特の香りが、私達をたちまちの内に、メルヘンの世界へ誘ってくれます。ドイツでは、クリスマスを4週間の間お祝い致します。まるで潮が順々に満ちて行くように、12月24日の聖夜を迎えるのです。この間様々なコンサートを鑑賞したり、お友達どうし行き来したり、多くのドイツ人は1年中この大イベントを心待ちにしています。

左の写真は千葉県松戸市から、この期間にベルリンをご訪問なさり、特別にお楽しみ頂いた古江様御家族のお写真です。古江様のお声をどうかお聞き下さい。

詳細をみる
image image image

ゆきこのおすすめ!

ベルリン&モア

せっかくだから、ベルリンからもう少し足を伸ばしたいと思われる方へのお勧めのコースです。

★ベルリン、マイセン、ドレスデン

ドイツは日本と違って地方分権の長い歴史を持っています。日本国内での旅行とは全く異なった、歴史文化に触れる楽しみは、大きな喜びとなってお客様の口から口へと伝わっていくようです。

1701年には、ここベルリンはプロシアという王国の首都になりその後発展して参りました。それぞれの地方は、独自性を保ちながら発展して行ったのです。

ヨーロッパで初めて陶磁器が作られたマイセンと、雅やかなドレスデンの町は同じザクセン王国にあり、しかもエルベ川という共通の水運を抱えていますが、やはり違う町のキャラクタ−を楽しむことができます。

名所旧跡はもとより、裏スポットも惜しみなくご紹介させて頂きます。例えば日本では手に入りづらい、マイセンワイン。上品な口当たりは日本人の方のお口にはよく合い、お客様には大人気!ミラノのスカラ座より音響が優れているといわれるゼンパオペラ。ツインガー宮殿の絵画館アルテマイスターに飾られている、ラファエロの大傑作「システィーナの聖女」もベルリンからあまり遠くないドレスデンでご鑑賞できます。

★ハンブルグ、リューベック、シュヴェリーン

ドイツの北の玄関口ハンブルグ、そこから東へバルト海へ向かって行くと、ユネスコ世界文化遺産に旧市街地がすっぽり入っているリューベックに行き着きます。多い時にはヨーロッパ120の都市が加盟していたハンザ同盟、そのハンザの女王と呼ばれていたリューベックには、今もその面影を残しています。リュ−ベックとベルリンの間に、シュヴェリーンという華麗なお城のある城下町があります。シュヴェリーンには、7つの湖があり、お城と湖は、まさに絵に描いたような美しさです。

image
★ライプチヒ、ヴァイマール

商都として発展してきたライプチヒは、「音楽の都」としても有名です。ゲバンドハウスオーケストラをはじめ、J.S.バッハのトーマス教会、メンデルスゾーン、シューマンの博物館もあり、音楽通には見落とせない町の1つでもあります。ライプチヒから南西に向かうと、ヴァイマールがあります。この両方の町に足跡を残している1人に、ドイツの大文豪家ゲーテが名を連ねており、旧邸宅がほぼそのままの形で残されています。ここでは、バウハウス等のユネスコ世界文化遺産が皆様をお待ち致しております。

ベルリン観光ハイライト

image

四季を問わず、年齢を問わず、どなたでもベルリン子になったつもりで、ベルリンでの御滞在をお楽しみ頂けます。ベルリンは1週間の御滞在では、とても見切れない程ハイライトがあります。そのなかでも代表的なものを選んでみました。

詳細をみる

文化の宝庫 東ドイツ

image

東部ドイツで、とっておきの美味しいワインや地ビール、それにマッチした郷土料理に舌鼓をうちながら、古城巡りをしてみませんか?ポツダム、マイセン、ドレスデン、ライプチヒ、ヴァイマール等々、東ドイツは、知られざる文化の宝庫でいっぱいです。

詳細をみる

ちょっと足を伸ばして

image

ユネスコ世界文化遺産の町ハンザの女王、リューベック。北の海バルト海クルーズは、豪華船に乗って御来光を拝むと、もうお隣のアンデルセンの生まれ故郷、デンマークに着きます。700年前にすでにこのバルト海を通して、人類の大交流があったのです。そんなロマンに思いを馳せながら、旅情をお楽しみ頂けます。

詳細をみる

image
image